ホークス8選手へ戦力外通告

ついにこの季節がやってきましたね・・・
戦力外通告。若手選手8名に戦力外が言い渡されました。

正直知らない選手もいますが、聞いたことある名前もありますね。

【戦力外通告選手 8名】
古澤勝吾内野手 戦力外 九州国際大学付属高- ソフトバンク(ドラフト3巡目・15~)
小澤怜史投手 戦力外  日大三島高 – ソフトバンク(ドラフト2巡目・16~)
黒瀬健太内野手 戦力外 初芝橋本高等学校 – ソフトバンク(ドラフト5巡目・16~)
伊藤祐介投手 戦力外(育成選手)
樋越優一捕手 戦力外(育成選手)
齋藤誠哉投手 戦力外(育成選手)
児玉龍也投手 戦力外(育成選手)
幸山一大外野手 戦力外(育成選手)

特に最初の3選手はドラフト指名受けて3~4年目です。厳しい世界ですね。
小澤投手なんて、ドラフト2位で指名されてまだ21歳。
黒瀬内野手も高校通算97本塁打の超高校級スラッガーでしたが、わずか三年。

古澤内野手は、自主トレ先のグアムでのテレビの取材で「レッツゴー・アミーゴ・古澤ショーゴー!!」って言っていたような気がするんですが、明るいキャラクターで先輩たちからも愛されそうなキャラだったのに残念です。

今年はまだCSは残っていますが、ペナントレースの優勝を逃したこともあり、厳しい冬が待っていそうですね。
ニュースでは吉村裕基外野手とも来季の契約は結ばないと報道されていました。
確かに今年は1度も1軍に上がっておらず、2軍でもそこまでいい成績は残せていないんですよね。
でも実績あるベテランですから右の代打としても1軍にあげていいと思うんですけどね。
それから3年くらい前の交流戦でブレイクした城所外野手、江川外野手も30歳を過ぎておりますし、もしかすると対象になっている可能性がありますよね。
でも吉村外野手を入れた3人とも、ホークスの外野だからお声がかからないだけで、まだ他球団でできそうな気がするんですけどね。

投手陣も、攝津投手(36)が一番危ない気がします。ここ数年で一気にダメになってしまいましたからね。
年齢的にも五十嵐投手(39)や中田投手(36)も危ないですよね。

そういえば、和田投手はまだリハビリ中でしょうか!?
来年は活躍してほしいものです。
和田投手に関しては、楽天のオコエ選手とロッテの平沢選手が対談で和田投手の事を話してます。
非常に面白いので是非下記YouTubeをご覧ください。和田投手の話は12:12頃から始まります。

そして本多選手が引退ですね。
まだ33歳。全然出来ると思っていたのですが、首の痛みと言ってましたね。
私はてっきり工藤監督と反りが合わなくて使ってもらえていないのかと勝手に思っていました笑
今年もオープン戦調子よくて、開幕1軍スタメンでしたがあっという間に2軍に落とされちゃってましたから・・・

それにしても今年は大物の引退が目立ちます。
中日の岩瀬、浅尾、荒木、西武の松井、元巨人の村田、杉内、オリックスの小谷野、広島の新井
解雇でも、阪神西岡、ヤクルト成瀬

寂しいですが、仕方ないですね。

10月25日はドラフト会議です。また新たなスターが誕生する事でしょう。

まずはホークス、あと数試合残っています。
個人的には、柳田選手の100打点達成が、ようやくという感じでうれしいですね!

にほんブログ村 野球ブログ 福岡ソフトバンクホークスへ
にほんブログ村

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる